2017年入学の初めての入試がありました。まだ9月の半ば。早い!と思われる方もいらっしゃると思いますが8月に入試の学校もあります。今日の入試はAO入試(Admissions Office アドミッション オフィス)と呼ばれるもので、高校の評定平均に関係なく、大学側がこんな人に来てほしいという学生像に合った入試を行い、評価するものです。今年は川越唐桟という江戸時代から川越で織られている綿織物を用いた商品企画がテーマでした。




































【今日は朝から入試日和】

                               






















 課題に沿った企画書を作り、今日はそのプレゼンテーション。川越まで足を運び実際に博物館や店舗を訪れアイディアを膨らませてきた人、街行く外国人にインタビューを試みた人、試作品を作ってきた人等々。この夏1か月かけて真剣に取り組んできてくれたのがよくわかりました。どれだけ努力をしたのか、その辺が問われる入試でもあります。

 大学に入ってからも現場を見、観察することの大事さを日々感じて欲しいものです。