早いものでもう1か月近く前になりますが、3月13日日曜日、3月にしては肌寒い中、学位授与式が行われました。その2日前にゼミの追い出しコンパが行われゼミとしては一区切りついた形でしたが、今年の式は教員としてはとても嬉しいことがありました。ゼミを持って初めてゼミ生が経営学部の総代に選ばれました。また昨年に続き本学の建学の精神を体現したものに贈られる仁愛賞を別の学生が受賞しました。しかし、それ以上に嬉しかったのは、その事を他のゼミ生達が自分の事のように喜んでいたことです。
ある学生が謝恩パーティーが終わった帰り道に言った言葉が忘れられません。
僕は自分の事が大好きで今まで他人の事で喜んだことなんて一度もなかったのに、他のゼミ生の就職が決まった時に自分のことのように嬉しくて、むしろ自分が決まった時より嬉しくてびっくりしたんです。

一生付き合える仲間と出会えたこと、一生の財産です。

そんな彼らも就職し1週間が経ちました。今はまだ殆どの人が研修に明け暮れているようです。明日から2週目。毎日慣れずに大変でしょうが頑張れ!
彼らが15,000枚の写真を使って作ってくれたモザイクアートを研究室に飾りました。宝物がまた一つ。